県産材を生かした集成材

集成材メーカー、TSCさんホームページより 集成材→集めて成る材料。 捨てられてしまう小さな材料も小さく切断して接着。 技術の進歩によって 小さな部材を集めて大きな板にすることができます。 今まで捨てられていたり、チップにして紙の材料になったり、 していた材料が廃材にならずに活用できます。 集成材の特徴  ・狂いが少ない  ・割れ、大節をあらかじめさけて製品…

続きを読む

木がもつ表情や安らぎ

写真は銀杏(いちょう)の木で作ったまな板と桧で作ったコースター。 まな板は銀杏か柳の木がいい、と言われていて包丁の当たりがよいので料理人に愛されています。 木目がひとつひとつ違うところ、使えば使うほど味が出てくるところ。 そんなところが木の魅力です。 桧のコースーターは普段なら廃材として捨てられてしまう材料を、何か使うことが出来ないかと考えた製品です。 …

続きを読む

木には表と裏がある

木には表と裏があります。 図に書いたように木の外側に近い方が表、 木の中心地近い方が裏です。 木表の特徴は木裏に比べて木の木目が綺麗に出ます。 私たちが目にしている材料は、ほとんどが木表ですね。 木裏は板の中心部分が出る形で変形するで(図は分かりやすく極端に書いています) デッキの床に使用した場合、水がたまりにくいので、木裏を上にしたり、 また足袋で踊りの稽…

続きを読む