建物の経済寸法 

 建物のデザインを決めるとき、意匠性はもちろん大切ですが もう一つ考えなければいけないのが、経済寸法です。  山から切り出された木材は、3メートル、4メートルに切り分けられて、トラックに積み製材所に届きます。 そこから柱や梁になるので、2つの規格品は3メートルと4メートル。  外壁材は3030㎜×450㎜、その他ボード類は910㎜×1820㎜(畳一枚分)。この規格から外れると特別な輸…

続きを読む

木工教室

本日木工教室を木村住建事務所前、作業場でおこないました。 私は大工の息子で育ち、よく小さい頃作業場のはじのあたりで、 端材を集めて、自由に工作をしていました。 子供の自由な発想で金槌をもって釘を打ち、 ノコギリで切っていく。 とても褒められる作品は出来ませんでしたが、 物づくりの楽しさをあの頃味わったのだと思います。 そんな物づくりの楽しさを味わってほしい。 そん…

続きを読む

木には表と裏がある

木には表と裏があります。 図に書いたように木の外側に近い方が表、 木の中心地近い方が裏です。 木表の特徴は木裏に比べて木の木目が綺麗に出ます。 私たちが目にしている材料は、ほとんどが木表ですね。 木裏は板の中心部分が出る形で変形するで(図は分かりやすく極端に書いています) デッキの床に使用した場合、水がたまりにくいので、木裏を上にしたり、 また足袋で踊りの稽…

続きを読む